MENU

赤ちゃんにおすすめのデンタルケア

虫歯がうつるって本当?

お子さんをお持ちの方なら、一度は「大人から子どもに虫歯がうつる」という話を聞いたことがあるのではないでしょうか。
たとえば、キスをするとうつるとか、大人が使った食器を子どもにも使わせるとうつる、といった話です。
でも、実際のところ、本当に虫歯は大人から子どもへうつるのでしょうか。

 

残念ながら、大人から子どもへ虫歯はうつります
というのは少し誤解を生むかもしれません。なぜなら、大人から子どもへうつるのは「虫歯そのもの」ではなく「虫歯の原因になる菌」だからです。

 

私たち人間の口の中には、数え切れないぐらいの菌が棲んでいます。その菌の中で虫歯の原因となるのが「ミュータンス菌」と「ラクトバチラス菌」です。
この2つの菌が悪さをするため、虫歯になってしまうのです。

 

不思議なことに、この2つの菌は2歳ぐらいまでの子どもの口の中にはいないと言われています。
それが、大人が使った食器をそのまま使ったり、大人がキスをしたりすると、大人の唾液から菌が子どもの口の中に侵入してしまうのです。
大人が使った食器は、洗剤を使って洗った後でも虫歯の原因となる菌が付着している恐れがあるので注意が必要です。

 

できるだけ子どもに虫歯の原因になる菌を感染させたくないのなら、お母さんをはじめとした周りの大人たちが口の中を清潔に保つことが重要になります。
毎日の歯磨きに加えて、定期的に歯科医で検診を受け、必要があればその都度お口のトラブルを治しておくことが非常に大切です。

 

「虫歯の原因となる菌がうつる!」と聞くと、子どもと食器を共用したり、キスをすることに神経をとがらせるお母さんがいますが、そこまで神経質になる必要はありません。

 

大人が子どもの顔を見て話すとき、どうしても目に見えない程度の唾液が飛んでいます。そこには当然虫歯の原因になる菌も含まれているので、食器の共用を避けたり、キスを避けたりしなくても、子どもはほぼ100%虫歯の原因菌に感染するのです。

 

かといって、虫歯になってしまうのを防げないわけではないので、安心してください。

 

毎日のケアをきちんと行って歯を強くすることで、虫歯の原因となる菌に負けない口内環境を整えることができるのです。

 

子どもの虫歯を防ぐならコレ!


もし、お子さんの虫歯を防ぎたいのなら、毎日の歯磨きに加えて「ブリアン」を使用するのがおすすめです。

 

「ブリアン」は、虫歯菌に負けない歯と口内を作るための専用アイテムです。歯ブラシに少し付けてしっかりブラッシングすることで、虫歯菌のエサになる歯垢や汚れを落としてくれます。
また、歯も強くしてくれるので、虫歯菌に虫歯を作らせないように、虫歯菌が増えないようにしてくれるのです。

 

虫歯になると、子どもの場合は歯医者さんに連れていくだけで一苦労です。
あの音や痛みが嫌で、逃げ出してしまう子もいるでしょう。
また、忙しい毎日の中、歯医者さんへ連れていくために仕事を休んだりしなければならないお母さんも少なくないと思います。
もちろん、治療には時間とお金がかかります。

 

一度虫歯になると、治療で嫌な思いをするからと、歯が痛いのを黙っている子も珍しくありませんん。そうなると、最悪の場合、大切な歯を失ってしまうことにも繋がります。

 

いつまでも健康な歯をキープするためにも、幼いころから毎日のケアを習慣にすることが非常に重要です。

 

ブリアンは、子どもでも使いやすいイチゴ味で、市販の歯磨き粉のように泡立たないことから、口の中の隅々まで丁寧に磨くことができます。

 

歯磨き粉の泡立ちが良いと、口の中一杯に泡が拡がることで磨いた気になってしまう人がほとんどです。
それでは歯垢や歯の汚れは落としきれず、虫歯菌が虫歯を作る手助けをすることになってしまいます。

 

ブリアンであれば清涼感が無く、泡立ちも無いので、鏡で見ながらしっかり磨くことができるのです。

 


ブリアンは「BLIS M18」と呼ばれる善玉菌を主成分にしています。
「BLIS M18」は虫歯になりにくい子どもたちの研究で発見された菌で、歯垢や汚れを取り除き、虫歯菌が活動しにくくしてくれる菌です。
「BLIS M18」はとても小さいので、ハブラシでは届きにくい歯の隙間や歯と歯茎の間にも入り込んで、しっかりと汚れを取り除いてくれます。

 

一般的な歯磨き粉であれば、キャップを取ってチューブをしぼる必要があります。しかし、それでは小さい子どもは使えません。
ブリアンは、小さい子どもにこそ使ってほしいから、あえて粉の状態にしてあります。
1袋は1日使い切りで、小皿や手などに適量を出し、少し湿らせた歯ブラシに「ちょんちょん」と付ければ良いので、チューブをしぼるのが難しい子どもでも簡単に使うことができるのです。

 

また、研磨剤などは使用していないので、歯磨きを終えた後に口をよくすすぐ必要もありません
口の中に溜まっている唾液を吐き出すだけでも充分に汚れが落ちます。

 

子どもの体を考えて、パラペンや界面活性剤なども使われていないので、毎日使っても安心なのがブリアンの大きな魅力です。

 

毎日のケアをしっかり行うことで、虫歯菌に感染しても虫歯にならない「強い歯」と「清潔な口の中」を保つことができます。
ぜひこの機会に「ブリアン」を使って歯磨きを始めましょう!

 

大切なのは毎日のケア

虫歯にならないためには、大人も子どもも毎日のケアがとても大切です。
小さいころから毎日きちんと歯を磨くことを習慣づけ、いつまでも健康な歯を保てるようにしましょう。

 

子どもの場合、歯ブラシが嫌で歯磨きが雑になりがちです。
ぜひ周囲の大人が「しっかりと歯磨きをしている姿」を見せて、お手本を示してあげてください。
ブリアンは大人も使うことができる歯磨き粉です。
子どもと一緒にブリアンを使って歯磨きをするのも、子どもの習慣づけには役立つのではないでしょうか。

 

子どもの歯は大人に比べて虫歯になりやすい!

 

子どもの歯は、大人に比べて表面が柔らかく、虫歯になりやすいと言われています。
特に、子どもが大好きなチョコレートやキャンディといったお菓子は、口の中に長時間留まることが多い食べ物です。加えて糖分も多いため、虫歯菌のエサになってしまいます。

 

「子どもの歯はそのうち生え変わるから」と子どもの虫歯を放置しておくと、生え変わった永久歯に影響が出てきたり、噛み合わせに影響が出てきたり、歯並びに影響が出てきたりします。
もし少しでも子どもが口の中を気にしているようなら、早めに歯医者さんを受診するようにしましょう。

 

もちろん、毎日の歯磨きも大切です。


どうすれば子どもの歯を強くできるの?

子どもの歯を強くするには、まず食べ物を変えるという方法があります。
キシリトール入りのガムを噛むようにしたり、普段の飲み物を糖分が入っていないお茶にしたりするのが効果的です。
また、ブリアンのように「口の中の環境を整える」効果がある歯磨き粉を使うのも良いでしょう。

 

定期的に歯医者さんで検診を受け、必要があれば歯の表面にフッ素を塗ってもらうのも効果があります。

 

歯磨きは食べ物を食べた後30分以内に行うようにするのが効果的です。
夜寝る前や夕飯を食べた後など、1日1回はじっくり時間を掛けて丁寧に歯磨きをするようにすると、より虫歯を予防できると考えられています。


 

 

上手に歯磨きをするにはどうしたら良いの?

では、どうやったら磨き残し無く歯を磨くことができるのでしょうか?
歯磨きといっても、口の中のどこに汚れが溜まりやすいか、どのように磨けば歯垢や汚れが良く落ちるかを知っている人は多くありません。

 

よりしっかりと虫歯を予防するために、仕上げ磨きや子ども自身が歯磨きをする上で押さえておきたいポイントをお伝えしましょう。


仕上げ磨きで磨き残しを無くそう!

子どもがまだ歯ブラシを持てないのであれば、大人が仕上げ磨きをしてあげるようにしてください。
その時気を付けたいのが

  • 歯ブラシの当て方
  • 力の入れ方
  • 動かし方
  • 特にしっかり磨く場所

です。

 

歯ブラシは、歯に対して真っ直ぐに当ててください。そして、力を入れず、20回ぐらい小刻みに動かすのが仕上げ磨きのポイントです。

 

上下左右の奥歯や上の前歯、仕上げ磨きをする人の利き手側の犬歯は磨き残しが出やすい場所です。
少し念入りに磨くようにして、しっかりと歯垢や汚れを落しましょう。

 

仕上げ磨きをするタイミングは、夜寝る前がベストです。
寝ている間、唾液が減ることで口の中の細菌が爆発的に増殖します。できるだけ菌が増殖するのを防ぐためにも、寝る前は念入りに歯を磨くようにしましょう。


 

自分で磨けるようになったら

子どもが自分で歯を磨けるようになったら、歯ブラシの持ち方からチェックしてあげましょう。

 

歯ブラシは、親指・人差し指・中指の3本の指で、ペンを持つようにして持ちます。
握り込んでしまうと力が入りすぎ、ブラシの毛先が広がって上手く汚れを落とすことができません。

 

汚れが溜まりやすい場所も教えてあげてください。
奥歯のくぼみや奥歯の内側、歯と歯の間や歯と歯茎の境目などに歯垢や汚れが溜まりやすいので、その部分は念入りに磨くようにしましょう。

 

歯ブラシは、歯に対して45°ぐらいの角度で当てると、歯と歯茎の隙間にも毛先が入り込み、汚れをかき出してくれます。

 

前歯の隙間は、歯ブラシを縦にして動かすときれいに落とすことができるので試してみてください。

 

子どもの場合、力を入れて歯ブラシを動かしてしまいがちです。
力を入れても汚れは落ちにくいので、「軽い力で、小刻みに動かす」ように大人も一緒に練習してみましょう。


毎日の歯磨きで虫歯ゼロ!

毎日しっかり歯磨きをすることで、大人から虫歯菌がうつっても、虫歯にならない強く健康な歯を手に入れることができます。
念入りに歯を磨くのを習慣にするだけでなく、ブリアンも使って、口の中をきれいに保ちましょう。

 

ブリアンを使えばしっかり歯を磨くことができるだけでなく、ブリアンは口の中の環境を整え、虫歯菌に負けない歯を作る手助けをしてくれます。

 

子どもだけでなく大人も使える製品なので、子どもさんと一緒に自分の歯のケアも初めてみてはいかがでしょうか。

 

健康な歯は一生の宝物です。
大人になっても、おじいちゃん・おばあちゃんになっても自分の歯を使って生活できるように、ぜひ子どもの内から歯を大切にできるような習慣づけを行いましょう。

更新履歴

このページの先頭へ